GMOクラウド Private > ニュース一覧 > セミナー一覧 > 【11/15開催】貿易事業者様向け必見、輸出入業務における電子メール保存の義務化

セミナー

2012/11/1 16:19

【11/15開催】貿易事業者様向け必見、輸出入業務における電子メール保存の義務化

お申し込み受付を終了いたしました

~内部統制に必要な貿易ソリューションをご提案~

近年、注文書・領収書などの取引に関連する書類はメールでやり取りされるケースが増え、それらの情報を記録・保持することはますます重要となっています。
また、2012年7月、財務省より、輸出入に係る取引の関係書類を電子メールで行った場合は、そのメールを5年間保存することが義務化され、商法、PL法、日本版SOX法などの法整備が進んでいます。

参考:2012年7月 輸出入取引等にかかる電子メールの保存について

本セミナーでは、輸出入業務における電子メール保存の義務化に伴うメール送受信管理ソリューションご紹介いたします。また、最新の貿易業務管理システム導入によるメリットとデータ活用事例をご紹介いたします。

◆ 開催概要

イベント名 貿易事業者様向け必見
輸出入業務における電子メール保存の義務化
~内部統制に必要な貿易ソリューションをご提案~
開催日時 2012年11月15日(木)15:30~16:50(受付開始15:00)
主催 GMOクラウド株式会社
共催 株式会社エフ・ビー・エス
安川情報システム株式会社
会場 東京都渋谷区桜丘町26-1
セルリアンタワー 11階
(JR「渋谷駅」南改札を出て、西口より徒歩5分)
地図
定員 20名
参加費 無料
内容 【15:00~】
受付開始

【15:30~16:10】
電子メール保存通達の背景と対応策
メールアーカイブシステム「NetSHAKER FK-Mail」

【16:10~16:40】
貿易業務管理システム・データ分析・帳票ツールのご紹介
貿易業務管理パッケージ「PORTNeT」シリーズ
データ分析・帳票ツール「Xシリーズ」の活用事例

【16:40~16:50】
質疑応答

【16:50】
終了

※ 内容が一部変更となる場合がありますので、ご了承ください。
※ 定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
※ 定員に達した場合でも、キャンセル待ちのお申し込みを承ります。
※ 個人、同業者の方のご参加は、ご遠慮いただく場合がございます。

ニュース一覧へ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせも承っております

03-6415-7075(平日10:00〜18:00)

お申し込み

お見積もり

資料請求

クラウドか専用サーバーか、迷ったら相談。最適なプランをご提案します

ハイブリッド連携(ハウジング)