GMOクラウド Private>特長>VMwareの特長>VMware vSphereの機能

特長

VMware vSphereの機能

「非計画停止」の場合における可用性

VMware HA (High Availability)

可用性の高いシステム構成を実現する上で、VMware HA機能が役立ちます。GMOクラウド Privateでは、お客さまの仮想マシンが稼働する物理サーバーを常時監視して、システムハードウェアの障害を検出します。物理サーバーの障害が検出された場合は、人的な操作を介入することなく、リソースプール内の別の物理サーバー上で仮想マシンを再起動します。また、オペレーティングシステムの障害が検出された場合は、仮想マシンを自動的に再起動します。これによって、オペレーティングシステムの障害からアプリケーションを保護します。(ダウンタイムあり)

メリット

  • 余分なハードウェアやクラスタウェア構成が不要のため、安価にHA構成が導入できる
  • 一律に全てのサービスの可用性を向上

VMware HA イメージ

「計画停止」の場合における可用性

vMotion

稼働中の仮想マシンを別の物理サーバー上へ移行できる機能です。稼働中の仮想マシンを停止させることなく、オンライン・マイグレーションを実行します。IPアドレス、MACアドレス、ホスト名などの仮想マシンの情報は変わらず、そのまま移行後の仮想マシンへ引き継がれます。
また、vMotionはお客さまご自身でvCenter(※1)にてご設定いただけます。

メリット

  • 計画メンテナンスによるサービス停止を回避できます
  • サーバーの負荷に応じて仮想マシンを分散

vMotion イメージ

VMware DRS(Distributed Resource Scheduler)

稼働中の仮想マシンを別の物理サーバー上へ移行できる機能です。各仮想マシンのCPU、メモリの負荷状況を監視し、vMotionにより自動的にロードバランスします。
また、VMware DRSはお客さまご自身でvCenter(※1)にてご設定いただけます。

メリット

  • 計画メンテナンスによるサービス停止を回避できます
  • サーバーの負荷に応じて仮想マシンを分散
  • メンテナンスモードにするVMware ESX上の仮想マシンを自動vMotionすることにより、計画停止に対応

VMware DRS

Storage vMotion

稼働中の仮想マシンを別のデータストアへ移行できる機能です。稼働中の仮想マシンを停止させることなく、仮想マシンのディスクまたは構成ファイルを移行します。
また、Storage vMotionはお客さまご自身でvCenter(※1)にてご設定いただけます。

メリット

  • アレイメンテナンス時のダウンタイムを回避
  • I/Oバランスの最適化
  • 異なるクラスのアレイへの移行
  • 情報ライフサイクル管理

Storage vMotion イメージ

(※1)有償でvSphere Web Accessをご提供します。なお、vCenterの操作はヴィエムウエア社の認定資格が必要となります。弊社の有資格エンジニアにて代行設定を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせも承っております

03-6415-7075(平日10:00〜18:00)

お申し込み

お見積もり

資料請求

クラウドか専用サーバーか、迷ったら相談。最適なプランをご提案します

ハイブリッド連携(ハウジング)