GMOクラウド Private>特長>導入事例>アルパイン株式会社様

特長

導入事例

アルパイン株式会社様

プライベートクラウドの活用で、カーナビの未来への道を突き進む

ご利用中のサービス

カーオーディオやカーナビなど車載情報機器メーカーのトップブランドとしてグローバルで卓越したブランド力を発揮するアルパインさま。同社は1967年の創業以来、世界中のドライバーや自動車メーカーに愛され続けています。 そして現在、アルパインは未来価値を創造する“モービルメディア・イノベーションンカンパニー”を目指し、世界17カ国、50数拠点で新たな事業活動にチャレンジ。iPodやスマートフォン、携帯電話などの急速な普及や、交通インフラのITS(高度道路交通システム)化、電子化が進む自動車の中枢機能の高度化・複雑化といった流れを受けて、かつてのカーオーディオ、カーナビゲーション単体の開発から自動車の基幹部品としてのシステム開発へと、その業務領域をシフトしています。

このように変化・成長し続けるアルパイングループの経営基盤を、ITを駆使して支えているのが、アルパイン情報システム(AISI)さまです。1991年にグループのソフトウェア開発部門を結集した新戦略会社として設立以来、グループ全体の情報システム領域を一貫して担ってきました。
今回は、アルパイン情報システム(AISI) 取締役 システム統括部 部長 阿部巧さま、システム統括部 佐藤敦さまに、GMOクラウドを採用した経緯などについてお話を伺いました。

阿部様
アルパイン情報システム(AISI)
取締役 システム統括部 部長:阿部様

―成長分野を支えていくために、クラウドへ注力

阿部様 今後アルパインの本業もクラウドにシフトしていく中で、ITを専門とする我々がそのビジネスをサポートするようになってきています。

カーオーディオもカーナビも従来はどちらかというとハードウェアがメインで、その品質には自信を持っていますが、最近ではソフトウェアのウエイトが非常に大きくなっています。
そこで、ソフトウェア開発のサポート領域を強化しつつ、車載と連携したクラウドサービスの基盤をグローバルでいかに構築していくかが、この先の大きなテーマとなっています。
今後、グループにおけるAISIの果たす役割はさらに増していくことでしょう。

実際、アルパインが策定した中期経営戦略「VISION 2020」の中でも、重点的に取り組むべき領域の1つにクラウド対応が指定されています。当社にとってクラウドサービスは、車載ビジネスにおける”プラスα”の成長分野としての期待がかかっているのです。

―18のWebサイトをプライベートクラウドに集約、スケーラビリティと低コストを両立

佐藤様
アルパイン情報システム(AISI)
システム統括部:佐藤様

佐藤様 将来に向けたアルパインのクラウド戦略の皮切りと言えるのが、グループ企業のWebサーバーを中心としたプライベートクラウドへの集約でした。現在、国内向けの”alpine.co.jp”と海外向けの”alpine.com”を中心とした18のサイトをGMOクラウドのプライベートクラウド上に構築しています。

最もアクセス数の多いalpine.co.jpでは、月間PVが約440万にも及び、現在も増加傾向にあります。これまで特にトラブルもなく、また将来を見越してもGMOクラウドの優れた安定性と拡張性には満足しています。

アルパインでは、クラウド移行以前にもGMOクラウドのホスティングサーバーを活用してWebサイトを運営していました。しかしユーザーの増加や提供するサービスの拡大などにより、さらなるコストメリットの追求と柔軟にリソースを追加できる環境を実現すべく、クラウドへの移行に踏み切ることになりました。

例えば最新のカーナビの場合、ネットを介してマニュアルや地図情報の差分データを配信しているため、今後ユーザーが増えるにつれて、サーバーの増強が必要となります。クラウドを利用することで、コストを抑えて、そうした課題の解決も図ることができたのです。

また、以前のホスティングサーバーのようにハードウェア障害に備えて余剰サーバーを用意する必要がなく安価で負荷分散環境も構築する事が可能になり、応答性能と可用性の向上も果たすことができました。

―サービスメニューの充実と長年培った信頼が決め手に

佐藤様 既にホスティングサービスでGMOクラウドのサービスレベルの高さを十分に実感していましたので、あえて他社のサービスを選択してリスクを負うメリットを感じませんでした。低コストでありながらサービスの監視や復旧などメニューが充実しているうえ、万が一サーバーに障害が生じた際にも、当社の状況を熟知しているエンジニアからサポートが受けられるという安心感は大きいですね。

AISIではGMOクラウドに対しバックアップメニューの追加などいくつかの要望を出したところ、それが標準メニューとして実装されることになりました。標準メニューとして提供されているので、さらに安心して利用することができます。

また、堅牢なセキュリティもAISIがGMOクラウドのプライベートクラウドを選ぶ際の重要な要件となっています。取引先の自動車メーカーの設計データや顧客情報といった極めて機密性の高い情報を社内で扱うアルパインでは、非常に厳しいセキュリティ基準が設けられています。GMOクラウドのサービスはこの基準を満たしていることから、アルパインとしては初めて社内業務にもクラウドを活用することになりました。現在、欧州工場との設計データの交換システムは、クラウド上に構築されています。

ハードウェアの信頼性が増し、ストレージやCPU等のリソース配置がタイムリーにできるようになったことで、サイト運用が非常に柔軟になりました。サーバー負荷が特に大きい地図の差分データも、お客さまに素早くお届けできるようになったのです。

アルパイン株式会社のWebサイト
「アルパイン株式会社」のWebサイト
http://www.alpine.co.jp/

―今後の展望や、GMOクラウドに期待することなどがあれば聞かせてください。

阿部様 今後、クラウドの活用が進む中で、当社には事業部門からの相談に応じたり適切な提案を行ったりという役割がますます求められていくことでしょう。そのためにも新事業領域であるクラウドのノウハウを蓄積していかねばと思っています。ITの潮流がめまぐるしく変化するなか、GMOクラウドには専門家としての知見を活かして価値の高いサービスを提供し続けていただきたいですね。

お忙しいところご協力ありがとうございました。
※本インタビューは、2015年4月に行いました。

お客さまプロフィール

お客さま会社名 アルパイン株式会社
所在地 東京都品川区西五反田1-1-8
事業内容
  • 車載音響機器事業
  • 車載情報通信機器事業
Webサイト http://www.alpine.co.jp/

※製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。
※本インタビューは、2015年4月時点の情報です。

GMOクラウド Private 事例一覧に戻る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせも承っております

03-6415-7075(平日10:00〜18:00)

お申し込み

お見積もり

資料請求

クラウドか専用サーバーか、迷ったら相談。最適なプランをご提案します

ハイブリッド連携(ハウジング)