VMwareの特長

「GMOクラウドPrivate」は、高いセキュリティとパフォーマンスを兼ね備えた、仮想化プラットフォーム「VMware vSphereⓇ」を採用しています。システムを安全に運用する、可用性の高い機能を豊富に実装し、安定した仮想化を実現します。

VMware vSphereの機能

物理サーバー上の仮想マシンを動的に移動し、お客さまのサービス・運用を止めない機能を実装しています。

「非計画停止」の場合における可用性

VMware HA(High Availability)

可用性の高いシステム構成を実現する上で、VMware HA機能が役立ちます。GMOクラウド Privateでは、お客さまの仮想マシンが稼働する物理サーバーを常時監視して、システムハードウエアの障害を検知します。物理サーバーの障害が検知された場合は、人的な操作を介入することなく、リソースプール内の別の物理サーバー※上で仮想マシンを再起動します。この動作によりオペレーティングシステムのダウンタイムを短く、万が一の障害が発生しても復旧を自動的に行います。
※スタンダードシリーズをご利用の場合はスタンバイオプションの契約が必要になります。

メリット

  • 余分なハードウエアやクラスタウエア構成が不要のため、安価にHA構成が導入できる
  • 一律に全てのサービスの可用性を向上

VMware HA イメージ

「計画停止」の場合における可用性

vMotion

稼働中の仮想マシンを別の物理サーバー上へ移行できる機能です。稼働中の仮想マシンを停止させることなく、オンライン・マイグレーションを実行します。IPアドレス、MACアドレス、ホスト名などの仮想マシンの情報は変わらず、そのまま移行後の仮想マシンへ引き継がれます。

メリット

  • 計画メンテナンスによるサービス停止を回避できます
  • サーバーの負荷に応じて仮想マシンを分散

vMotion イメージ

VMware DRS(Distributed Resource Scheduler)

稼働中の仮想マシンを別の物理サーバー上へ移行できる機能です。各仮想マシンのCPU、メモリの負荷状況を監視し、vMotionにより自動的にロードバランスをします。

メリット

  • 計画メンテナンスによるサービス停止を回避できます
  • サーバーの負荷に応じて仮想マシンを分散
  • メンテナンスモードにするVMware ESX上の仮想マシンを自動vMotionすることにより、計画停止に対応

VMware DRS

Storage vMotion

稼働中の仮想マシンを別のデータストアへ移行できる機能です。稼働中の仮想マシンを停止させることなく、仮想マシンのディスクまたは構成ファイルを移行します。

メリット

  • アレイメンテナンス時のダウンタイムを回避
  • I/Oバランスの最適化
  • 異なるクラスのアレイへの移行
  • 情報ライフサイクル管理

Storage vMotion イメージ

(※1)有償でvCenterをご提供します。権限に制限を設けております。詳しくは営業までお問い合わせください。

お気軽にご相談・お問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6415-7075

平日 10:00〜18:00